2016年 明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

最高の瞬間 逆さ赤富士
最高の瞬間 逆さ赤富士 posted by (C)aMigO

今年の干支は丙申(ひのえさる)

申と書いてなぜに猿?と思いましたが、これは干支をわかりやすく動物に置き換えたからだそうで、申(サル)と読むから猿を当てたということがはじまりと言われています。

スポンサーリンク
レンタングル広告(大)

干支のおはなし

干支というのは「十干」と「十二支」を組み合わせたものです。

両方とも古代中国で生まれ、十干は10の周期で一周します。

十干(じっかん)

甲(こう/きのえ)

乙(おつ/きのと)

丙(へい/ひのえ)

丁(てい/ひのと)

戊(ぼ/つちのえ)

己(き/つちのと)

庚(こう/かのえ)

辛(しん/かのと)

壬(じん/みずのえ)

癸(き/みずのと)

今でもひとつきの上旬、中旬、下旬と10日で分けるのはその名残です。

それぞれ陰陽五行説と結びついています。

「○○え」が陽

「○○と」が陰

で、これが「干支」「えと」と呼ぶようになった由来だそうです。

十二支

十二支(じゅうにし)は12の周期で一周します。

これは古代中国で尊い星とされた木星が、空を12年で一周する事から天空を12に分けて、覚えやすいように動物等の名を付けたということです。

【十二支】

子(ね/陰)

丑(うし/陽)

寅(とら/陰)

卯(う/陽)

辰(たつ/陰)

巳(み/陽)

申(さる/陰)

未(ひつじ/陽)

午(うま/陰)

酉(とり/陽)

戌(いぬ/陰)

亥(い/陽)

陰陽が交互に表されていますね。

この十干と十二支を組み合わせ、甲子(きのえ/ね)から始まり癸亥(みずのと/い)まで60種になります。

これがひとまわりすると歴が帰るということで「還暦」となるわけですね。

というわけで今年の正式な干支は【丙申】

丙申生まれで有名な人物といえば豊臣秀吉です。

昨年はぽんちゃんがいなくなってしまい、とっても悲しい想いもいたしました.

たとえ戻って来なくても、どこかで幸せに暮らしていてくれることを祈っています。

今年一年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとって良い一年になりますように。

IMG_4897-min