いよいよ復活!?アフリカツイン

バイクブロス

正式発売は年内?年明け?

「CRF1000L Africa Twin(アフリカツイン)」を2015年中に発売 〜「Africa Twin」の名がついに復活〜

5/12付のホンダの広報では年内発売とありますが、年末年始のパリダガ前後あたりで発表なんでしょうか?

スポンサーリンク
レンタングル広告(大)

復活!?CRF1000 Afica Twin

今回、この新型アフリカツインのスクープ記事がアメリカの「MOTORCYCLIST」web版で紹介されています。

昨年、「新型アフリカツインか!?True Adventure プロトタイプ!」

と、このブログでも紹介させて頂きましたが、いよいよ正式発売間近のようですね。

スタイルはミラノショーで出品された車体とほぼ同じみたいで、僕が乗っているアフリカツインと比べてもかなりスリム。

水冷パラレルツインエンジンは排気量は998cc、94psと同じカテゴリーのR1200GSの125psから比べると少々見劣りしなくもないですが、車重がR1200GSの240kgに対しアフリカツインは約228g。

加えてコンパクトな車体とエンジンのおかげで、そのパフォーマンスはGSを凌ぐそうです。

実際、オフロード車の場合小さくて軽いのはかなり重要。

さらにABSや6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)の設定もあり、パワーロスを少なくし、ライダーの負担をかなり軽減してくれます。

駆動方式はチェーン。

小型軽量化や走行性能などを考えるとやっぱりチェーンということなんでしょうが、長距離ツーリング派としてはGSやスーパーテネレのようなシャフトドライブが最適。まぁここらは好みの分かれるところ。

後々に新型アフリカツインにも、GS1200Adventureのようなスーパーワイルドな設定があると面白そうなんですが。

MOTORCYCLISTの記事によれば、アメリカ国内での発売は来年の年明け以降だそうです。

しかしホンダさんは2015年発売となってます。

何にせよ、復活を今か今かと待ち望んでいたアフリカツインの血統が復活するのは、ほんとにに嬉しいかぎりです。

出展:MOTORCYCLIST