ダカールラリー2015 南米爆走中!

昔はパリ~ダカール・ラリー、通称「パリダガ」なんて呼ばれてました。

最初は1979年と言うことなので、もう36年にもなる歴史ある世界的なラリーレイドです。

以前は三菱パジェロ長らくアフリカ大陸で開催されていたこのラリー、テロや強盗などの政情不安により近年は南米で開催されるようになったみたいです。

今回のコースは1月4日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスをスタート、ボリビア→チリを経て17日に再びブエノスアイレスに戻ってゴールという、約9,000キロの過酷なルートです。

Team HRC Dakar rally 2015 /ダカールラリー2015

スポンサーリンク
レンタングル広告(大)

パリダガと呼ばれていた頃、砂漠を爆走する選手たちの姿に憧れました。

自分もこんな海外ラリーに出場して広大な砂漠を走破してみたい!なんて無謀にも本気で考えた事がありますが、やる気はあってもテクニックと資金力の実力が相当足りませんでした。

興味のない人から見たら、「死ぬかもしれないのに一文にもならない」こんな行為はバカバカしいものでしかないんでしょうけど、それがまたすっごく楽しいんですよね。

寿命が来てあの世に持っていけるのは、いろんな体験の思い出とかその時かんじた感情くらいのもんじゃないでしょうか。

他人から見てバカバカしいと言われることでも、自分がやりたいならとことんやってみるのが面白いですよね。

お金があるならあるなりに、無いなら無いなり、それぞれの世界で精一杯に楽しみたいですね。

以前は二輪四輪とも日本メーカーがこぞって出場していたのですが、長らく続いた不況のせいもあり、現在はホンダ「HRC」、トヨタ車体「TLC」、日野自動車「HINO TEAM SUGAWARA]の3チームだけのようです。

僕が乗っているアフリカツインはかなり古いマシンですが、1986年、1987年、1988年と三年連続優勝したワークスマシン「NXR750」から、その技術をフィードバックして開発されたバイクで、まさに砂漠を走破するDNAを受け継いでいるデザート・マシンと言えるでしょう。

チームHRC

チームTLC

HINO TEAM SUGAWARA

パリダカの頃はバイク部門でも日本車が大活躍だったんですが、ここ13年間はオーストリアのKTMが連続優勝ということで、HRCがKTMの快進撃を止めることができるかどうか!?が大注目です。

J-Sports

Photo by Response

地上波放送ではほとんど報じられなくなったダカールラリーですが、オンデマンドや衛星放送で見る事ができます。

ダカールラリーを見るなら