年額399ドルだった『Google Earth Pro』が無料化

旅の記録に使えるかも?

Googleはこれまで年額399ドルの会員制だった「Google Earth Pro」を無料にしたそうです。

Google Earthと言えば、世界中の土地だけでなく、海底からはたまた宇宙まで表示できる全方位的地球儀ソフトですが、通常パソコンやスマホで使えるものより機能アップ版のProバージョンが存在します。

もっともPro版は主に企業や研究機関など、ビジネスユーザーの使用を前提に考えられていたようですが、予想より会員が集まらなかったのか、s無料化した方がgoogleにとってメリットが大きいと判断したようですね。

スポンサーリンク
レンタングル広告(大)

Google Earth Pro版でできること

  • 高解像度画像を印刷可能。通常版の1000×1000 → Proは4800×3200で印刷可能。
  • 巨大なデータセットの地域化。
  • 住所のジオコードを一括管理。住所を一度に2500件まで取り込める。
  • GISデータのインポート。
  • GIS画像のインポートで、通常版は手動で場所を設定 → Proでは自動的に設定。
  • 大サイズ画像ファイルのインポートが通常版では最大テクスチャサイズ以内 → Proでは最大テクスチャサイズ以上も可能に。
  • ユーザー層、地籍、交通量のデータレイヤへのアクセス。人口統計や土地区画、交通量を表示可能。
  • プレミアム動画の作成。WindowsMedia やQuicktimeのHD動画を最大1920×1080ピクセルで書きだせる。
  • ポリゴンやサークルの面積の測定。 通常版は線や経路の距離だけ → ポリゴンの面積測定で土地開発の面積測定や、円測定で影響範囲を判断など。
  • 複数の地点を一度にマッピング
  • 可視域ツール
  • 地図作成ツール

どうです?凄いでしょう?何の事かわかりましたか?

僕には半分くらい何の事だかわかりません(笑)

Google Maps for Work

Google Earth Pro data import tools


Google Earth Pro Advanced Measuring Tools

個人ではそんなに使うメリットはなさそうなProバージョンですが、無料になったことですしGoogle Earth Proを使って旅やツーリングの記録とか作ったりすると、何やら面白いものが出来るかも知れませんね。

Proバージョンを使うためには、まずGoogleからキーをもらう必要があります。

登録はこちらから。

アドレスは”free trial”となってますが、いまではもう試用ではなくなっていますので気にせずどうぞ。

そしてダウンロードはこちら

元記事はTechCrunchさんから

Bitcoinでチップを送る!
スポンサーリンク
レンタングル広告(大)
レンタングル広告(大)